夏の高校野球

昨年の8月は郷土の高校が甲子園で勝ち進みましたので、熱くなって応援していました。今年は早々と負けてしまったので興味が削がれましたが気を取り直して見ています。高校野球の良い所は球児達が一生懸命だというところだと思います、だから買っても負けても<ドラマ>が生まれてみる人を魅了するのだと思います。そして接戦ほど終って負けた方は涙で、勝った方は安堵と次の戦いに向けた闘志が見えてきます。これが高校野球の良い点だと思います。